公務員ニュース

つみたてNISA普及目指す。政府は国家公務員を積極的にサポート!

投稿日:

ニュース概要

政府はつみたてNISAを普及を目指している。
その火付け役として国家公務員に注目し、勤労者層全体の利用の拡大を図っている。




経緯

政府は2018年2月16日に高齢社会政策を決定した。

政府は、
「国民が豊かな老後生活を送るためには計画的に資産形成をすることが重要である。」
と考えている。

そのため、リスクの少ない積立型の少額投資非課税制度(つみたてNISA)の普及拡大を目指している。
国民の利用拡大を目指すためには、
お得な制度であることのアピールをすることが必要となる。

そこで、国家公務員に白羽の矢が立った。国家公務員が積極的に活用することで、勤労者層全体にサービスのアピールができると考えた。
その土台づくりのため、
国家公務員がつみたてNISAを利用しやすい環境を整えるために、
政府が積極的にサポートしている。

公務員へのサポート内容

17年度で国家公務員は約58万4000人となっている。
つみたてNISAを所管する金融庁は率先して取り組んでいる。2017年12月に職場つみたてNISAを導入した。
また、職員向けに制度の趣旨(積み立てや分散投資の有効性、つみたてNISAとiDeCoの違いなど)を説明した。

老後資産作りは重要

老後のための資産形成は20〜30代の早めから取り掛かることでより大きなメリットを発揮する。
数十年といった長い年月をかけてコツコツと増やすため、日々の家系の負担になりにくいことに加え、税制上の優遇といった恩恵も受けられるためである。

公的年金のみでは豊かな老後を遅れるとは言い難い。
定年退職するまでに3000万円貯金する必要があるという人もいる。
総務省の調査によると高齢夫婦の場合、1ヶ月に必要となる金額は21万円程度であると言われている。
これは公的年金では賄うことができない。

そのため、私的年金への注目が高まっている。
私的年金は例として、
・確定給付企業年金(DB)
・確定拠出年金(DC、iDeCoも該当)
・厚生年金基金制度
・国民年金基金制度
・個人年金保険
などがあります。

税制優遇を考慮するとiDeCoはとても優秀です。しかし、60歳まで引き落とし不可能であることが若者には特に利用しづらいポイントです。
個人年金保険は個人年金保険控除の対象となるため、税制上のメリットがあります。しかし、10年以上継続しないと元本割れの可能性が高いです。

そこでつみたてNISAが注目されています。NISAの口座と併用ができず、住民税や所得税の控除はありませんが、途中で引き出すことも可能です。そして、投資による利益が非課税というのが最大の魅力です。投資商品は金融庁が厳選した投資信託のみのため安心度も高いです。

すべてが素晴らしい商品ですが、
デメリットを考慮して、自分に合ったものを選択すると良いでしょう。




-公務員ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

東京都職員のボーナス支給額は国家公務員を超えた!?

東京都職員に夏のボーナスが6/30に支給されました。 今回発表されたのは東京都職員に加えて、警視庁、東京消防庁、教職員、公営企業局職員などを含めたおよそ167,000人が対象となっています(再任用を除 …

no image

大学生が働きたい企業ランキング上位を公務員が独占!?この国はもうだめ?

キャリコネニュースにて大学1, 2年生が働きたい企業ランキングで、 1位 地方公務員 2位 国家公務員 という結果になったことが発表されました[1], [2]。 [2]の記事は[1]の記事の発表後に匿 …

国家公務員は天下りはダメだが、再就職が禁止されているわけではない!

目次1 国家公務員の天下りは禁止されている2 国家公務員の天下りに関するニュース3 国家公務員の天下りが禁止されている理由4 国家公務員の天下りをなくすためには4.1 おすすめの記事 国家公務員の天下 …

no image

子供についてほしい職業第一位!結局は公務員が人気!ただ理想と現実は違う!

子供に就いてほしい職業 安定が重視? 子どもに就いてほしい職業は? https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00000051-zdn_mkt-bus_a …

no image

公務員定年延長で生涯年収が4000万円増!65歳の延長はどうなのか。

目次1 ニュース概要2 [詳細] 公務員の定年を延長する理由3 公務員の定年延長による生涯賃金の増加について4 公務員の60歳以降の給与が下がる理由4.1 おすすめの記事 ニュース概要 公務員の定年が …