公務員ニュース

名古屋の公務員バス運転手、民泊副業で減給処分

投稿日:2017年8月12日 更新日:




ニュース概要

名古屋市にて10日、公務員が減給10分の1(6日)の懲戒処分になったことが発表されました。

名古屋市交通局のバス運転手の男性職員(40)が、
職場の許可を得ずに副業として民泊を営業していたとのことです。

民泊とは

民泊とは、個人宅の一部、空き別荘、マンションの空室などを宿泊用に提供することで、お客さんに宿泊してもらうサービスのことです。

一般の旅館には旅館業法というものが適用されますが、
民泊のような個人宅を借りるようなものでは大半のものが旅館業法に適さないといった問題が発生しました。
そこで、旅館業法が改正されるとともに民泊新法というものが制定されました。
民泊新法では住宅の用途や営業日数などが定められています。

無料で住宅を貸し出す場合の民泊では許可を得なくても営業することが可能です。
しかし、宿泊料を受け取って行う営業の場合は旅館業法により、
保健所にて旅館業登録を行い、許可を得なくてはなりません。

本ニュースの問題点

今回のニュースでは主に2つの問題点があります。

<1> 副業について

公務員は国家公務員法と地方公務員法にて副業が制限されています。
許可を得れば可能な場合もありますが、基本的には禁止であると考えても間違いはありません。
なぜ禁止なのかというと、
(1) 信用失墜行為の禁止
(2) 守秘義務
(3) 職務専念の義務
といったものが定められているからです。これらにより公務員の副業は制限されています。
今回のニュースでは民泊をしたことにより職務専念の義務が守れていなかったことが問題です。
公務員の可能な副業として不動産投資があります。しかし、不動産投資を行う場合は不動産業者に管理をしてもらう必要があります。
公務員が職務時間中は他のことに脇目もふらず仕事に専念しなくてはならず、不動産業者を通さない不動産投資はこれに反する恐れがあるためです。
今回の民泊場合は個人で営業しているため、これに違反します。
公務員の方はairbnbもダメなので気をつけてください。

<2>民泊について

今回のニュースの場合は宿泊料金を得て営業している民泊であったため、旅館業法により許可を受けなければならないと定められています。
しかし、名古屋市のバス運転手の方は許可を得ていなかったため、旅館業法に違反しているといえます。

まとめ

公務員の肩書きを持つ方は、身分が保証されていますが、同時に様々な制限を受けます。今回のニュースは公務員としての地方公務員法という制限に加えて旅館業法にも違反しているケースであり、とても大きな問題です。




[1] 日本経済新聞, “名古屋市バス運転手が副業で民泊営業 減給処分に, ”[Online]. Available:
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFD10H1E_Q7A810C1CN8000/

-公務員ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

大学生が働きたい企業ランキング上位を公務員が独占!?この国はもうだめ?

キャリコネニュースにて大学1, 2年生が働きたい企業ランキングで、 1位 地方公務員 2位 国家公務員 という結果になったことが発表されました[1], [2]。 [2]の記事は[1]の記事の発表後に匿 …

国家公務員は天下りはダメだが、再就職が禁止されているわけではない!

目次1 国家公務員の天下りは禁止されている2 国家公務員の天下りに関するニュース3 国家公務員の天下りが禁止されている理由4 国家公務員の天下りをなくすためには4.1 おすすめの記事 国家公務員の天下 …

no image

プレミアムフライデー 公務員には関係ない?

2017年2月24日に政府と経済界の主導でプレミアムフライデーが始まりました。 プレミアムフライデーとは、 「月末の金曜日に仕事を午後3時に切り上げましょう」 といったものです。 仕事を早く終えること …

no image

国家公務員の夏のボーナス5年連続で増加!気になるお値段は?

全国の公務員のほとんどが今日である6/30にボーナスが支給されました。 今回の国家公務員のボーナスのボーナスの平均支給額は、 およそ642,000円となりました[1]。 この価格は昨年度と比べて12, …

no image

公務員の定年が延長?65歳までに?引き上げを検討!

ニュース概要 政府は公務員の定年を延長する検討に入りました。 現在、国家公務員と地方公務員はそれぞれの公務員法により定年が60歳であると定められていますが、 65歳に延長する方向で検討するとのことです …