公務員ニュース

プレミアムフライデー 公務員には関係ない?

投稿日:2017年2月26日 更新日:

2017年2月24日に政府と経済界の主導でプレミアムフライデーが始まりました。

プレミアムフライデーとは、
「月末の金曜日に仕事を午後3時に切り上げましょう」
といったものです。

仕事を早く終えることで労働者の労働時間を短くさせるだけではなく、
消費を促すことを目的とした政策です。

昨今、労働者の労働時間について様々なニュースが飛び交っていますが、
月末の金曜日のみではなく、日常的な残業時間についての具体的な政策も政府には期待したいですね。

ここで気になるのが、
「公務員には影響があったのか?」
ということです。

SMBC日興証券によると、早帰りできる業種の人は就業者数の6.5 %程度と試算しています[1]

しかし、実際には導入企業0.1 %とも言われています。

「公務員には関係ない。プレ金で景気が多少良くなればいい」と答える公務員もいたとのこと[2]

現段階では公務員はあまり影響がないもののようです。

しかし、閣議後の記者会見で岸田文雄外相は、
「プレミアムフライデーだが、官民あげて全国規模で行われる取り組みなので、外務省もぜひ積極的に協力していきたいと思う。そして、すでに外務省の省員の皆さんには業務に支障がない限り、できるだけ早く退庁するよう促している。私自身も(午後)3時をめどにできるだけ早く退庁し、英気を養いたいと思っている。」
と発言しました[3]

つまり、民間企業の模範となるように、
公務員は積極的にプレミアムフライデーを導入することがあるかもしれません。

現段階では、ほとんど影響がありませんでしたが、
今後に期待です。

しかし、私も定時退社日に官庁訪問に某省に行きましたが、
職員どころか私たち受験生ですら定時には帰れませんでした。
さらに言えば、定時で退庁している方を見かけませんでした。

国家公務員の残業時間についてはいろいろと話題になりますが、
本当に激務そうでした。志望するのであれば覚悟が必要かもしれません。

国家公務員もそうですが、地方公務員もプレミアムフライデーが積極的に導入されることを望みます。

参考文献
[1] BLOGOS, “プレミアムフライデーと働き方改革,” [Online].
Available: http://blogos.com/article/211739/
[2] iza 産経デジタル, ““プレ金”どうですか? 「初めて聞いた単語」「公務員には関係ない」,” [Online].
Available: http://www.iza.ne.jp/kiji/economy/news/170224/ecn17022417450019-n2.html
[3] The Huffington Post Japan, “プレミアムフライデー 岸田外相は「3時めどに退庁」,” [Online].
Available: http://www.huffingtonpost.jp/2017/02/23/premium-friday_n_14975500.html




-公務員ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

東京都庁の年間退職者は1000人に?都が推計

東京都の退職者が2030年ごろに年間で1000人になることが予想されることを東京都が発表しました。 現在は年間400人程度であることから、 この数字はなんと2.5倍となります。 1971~1974年生 …

no image

子供についてほしい職業第一位!結局は公務員が人気!ただ理想と現実は違う!

子供に就いてほしい職業 安定が重視? 子どもに就いてほしい職業は? https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170317-00000051-zdn_mkt-bus_a …

最近の若者は公務員を避けている!公務員が昔に比べて人気がない理由は?

大学生の就職活動や企業の新卒採用は現在は売り手市場であると言われています。 企業(買い手)の求人数が増えたにも関わらず、 就活生(売り手)の数が変わらなかったり、減ったりする といったことが売り手市場 …

つみたてNISA普及目指す。政府は国家公務員を積極的にサポート!

目次1 ニュース概要2 経緯3 公務員へのサポート内容4 老後資産作りは重要4.1 おすすめの記事 ニュース概要 政府はつみたてNISAを普及を目指している。 その火付け役として国家公務員に注目し、勤 …

no image

公務員の定年が延長?65歳までに?引き上げを検討!

ニュース概要 政府は公務員の定年を延長する検討に入りました。 現在、国家公務員と地方公務員はそれぞれの公務員法により定年が60歳であると定められていますが、 65歳に延長する方向で検討するとのことです …