公務員ニュース

国家公務員の夏のボーナス5年連続で増加!気になるお値段は?

投稿日:2017年7月1日 更新日:




全国の公務員のほとんどが今日である6/30にボーナスが支給されました。

今回の国家公務員のボーナスのボーナスの平均支給額は、
およそ642,000円となりました[1]
この価格は昨年度と比べて12,000円の増加であり、今回で5年連続の増加となりました。

これは人事院勧告によって、
民間企業との格差を改善するためにボーナスの引き上げを求めたためです。

東日本大震災により、復興財源を確保しなくてはならなかったことからボーナスが削減されたことがありましたが、
この年である5年前と比較すると13万円の上昇がみられました。

これは管理職を除いた一般職員の平均です。
そう考えると、せっかく難関な試験を突破して激務なのに……。

と思うかもでしれませんが、これにも罠があります。
今回の公表された数値の対象はただの一般職員ではなく、「管理職を除く行政職、成績標準者」であることです。

整理すると、
今回の公表数字の対象者は、
・自衛官、専門職、管理職を含む幹部を除いた一般職員
・一般職員のなかでも成績標準者(下位4割)

となります。国家公務員は年功序列が強いため、ある程度の年齢まで働けば管理職には昇進可能であると言われています。
事実、国家公務員の半数以上が管理職です。




この知識を持っていると、
今回の公表結果には疑問を持たざるを得ません。
実際に、いくらになるのかとても気になりますね。

内閣人事率によると今回は平均で2.045ヶ月分が支給されたそうです。
平均給与は417,394円であることから、
実際には853,750円が実際の平均ボーナス支給額になるかと思います。

といっても一般職員の下位4割が642,000円と考えると夢が広がりますね。

国家公務員に興味がある方は、年齢制限に引っかからないのであれば、
国家公務員試験に挑戦してみてはどうでしょうか。
激務ですが、やりがいはある仕事かと思います。




[1] NHK NEWS WEB, “公務員に夏のボーナス支給 5年連続の増加, ”[Online]. Available:
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170630/k10011035511000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_004
[2] 内閣官房, “国家公務員の管理職の現状等について, ”[Online]. Available:
http://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/jinjikyoku/kanri_kondankai/dai1/siryou3.pdf
[3] 日刊現代DIGITAL, “64万円は嘘 国家公務員ボーナス「平均85万円」4年連続増, ”[Online]. Available:
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/208512/2

-公務員ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

公務員の定年が延長?65歳までに?引き上げを検討!

ニュース概要 政府は公務員の定年を延長する検討に入りました。 現在、国家公務員と地方公務員はそれぞれの公務員法により定年が60歳であると定められていますが、 65歳に延長する方向で検討するとのことです …

[賃上げ速報] 千葉県内の公務員給与なんと0.33%の引き上げ!

東京都の職員の給与は据え置きとなる一方、 千葉県内の公務員については平均で1248円(0.33%)賃上げすることが報道されました。 東京都職員の給与据え置きに関するニュースに関しては 都職員の給与は据 …

no image

プレミアムフライデー 公務員には関係ない?

2017年2月24日に政府と経済界の主導でプレミアムフライデーが始まりました。 プレミアムフライデーとは、 「月末の金曜日に仕事を午後3時に切り上げましょう」 といったものです。 仕事を早く終えること …

no image

都職員の給与は据え置きで!希望の党や都民ファーストの会で揺れる東京!都庁職員には悲しいニュース!

目次1 ニュース概要2 東京都職員と民間従業員の給与比較方法と結果2.1 給与比較方法2.1.1 月給2.1.2 特別給2.2 おすすめの記事 ニュース概要 小池東京都知事が国政進出の足掛かりとして新 …

no image

東京都職員のボーナス支給額は国家公務員を超えた!?

東京都職員に夏のボーナスが6/30に支給されました。 今回発表されたのは東京都職員に加えて、警視庁、東京消防庁、教職員、公営企業局職員などを含めたおよそ167,000人が対象となっています(再任用を除 …